fc2ブログ

【ボイトレの疑問】家での練習ってなにやればいい?  

暑さも和らいで風が涼しくなってきました。

メアボーカルスクールは今年こそ忘年会を実施できないか、状況を見極めております…
生徒様同士がほとんどすれ違わない完全プライベートレッスンなので、イベンドで交流の機会を取り戻していきたいです!

さて今回は、始めたばかりの生徒様によく聞かれる質問にお答えしたいと思います。

ボイトレ習い始めたけど家でなにか練習したほうがいいの?


22581687_m.jpg


やっぱり少しでも早く上達するためにお家でもトレーニングしたいですよね。
これは歌が好き、この歌を歌えるようになりたい!という方なら誰しも思うのではないでしょうか。

ですが

実は最初のうちはあまりひとりで練習することはおすすめしません。

ボイトレは基本的に、

①今使っている声の癖を見極める
②伸ばしたい部分(高音、声量など)に関与している癖を取り除く
③癖を取り除いたニュートラルな声(本来声帯が持っている声)で歌う練習をする
④その声をベースに再び負担の少ないアレンジや表現をのせていく

このように段階を踏んでいくことが多いです。
先生によってアプローチは変わりますが、「歌をうまくする、声をよくする」というのは現状を変える、ということになります。

経験上、②番までは、一人で練習するほど出し慣れた「癖」に戻ってしまいやすいです。
特にこの段階で歌をつかってたくさん練習をすると、次のレッスンまでに前のレッスンの感覚が失われてしまう…なんてこともあるかもしれません。
歌は発声トレーニングよりずっと自己流になりやすいのです。

それではなにもできないのか。
というと、そうではありません。
ここでは、②番までの段階でもできることをいくつかご紹介します。

1 呼吸トレーニング

体験レッスンや初回のレッスンなどで、肺を広く使って呼吸するためのトレーニングがあるかと思います。
こちらも講師によってアプローチは様々です。
このトレーニングは声帯を動かしませんので、講師と一緒に呼吸法をやった時を思い出して鏡の前で練習することをおすすめします。
お家でもレッスンでもそうですが、感覚だけでやるよりも、鏡を見て視覚的に判断しながらやると効果があります。
スーっと歯の隙間から息を出し、吸う時はあまりお腹に吸おうと思いすぎないのがポイントです。
肺は両胸にあります。
多少肩が動いてもいいので、リラックスしてたくさん吸っていきましょう。

2 リップロールトレーニング


唇をブルブルっと震わせて発声するトレーニングです。
動画を検索してもらえばたくさんでてくると思います。
このトレーニングは声を出しますが、もし過剰に癖や力がかかった時、また息の量が適切でないとき、リップロールが止まって教えてくれます。
止まりはしなくても、音が小さくなってしまったり、止まりやすかったりしたら力んでいる可能性があります。
単音を出すのに慣れてきたら、ドレミレドなど音階でやってみたり、好きな曲のメロディーをリップロールでなぞる練習をするのもおすすめです!
リップロールが止まらないように発声していれば、自己流にならずに練習できます。

3 裏声トレーニング

これは裏声が出せる方限定にはなってしまうのですが…
高い方で裏声を出した後、裏のまま低い方へ下がっていく練習です。
発声の「癖」は主に喋り声で作られ、歌うようになってさらに強固になります。
つまり癖はほとんど地声に関わっていることが多いのです。

地声と裏声をバランスよく出せるようになると、ミックスボイスと呼ばれる芯のあるしなやかな裏声を目指せるのですが、
殆どの方が地声寄りの発声で生活しています。

このバランスを改善するためには、使っていない方を積極的に出すと効果的です。
裏声の出し方までレッスンが進んでいなかったり、そもそも裏声がまだ技術的に出せない、という方は、その段階が来てからをおすすめします。
また、普段から裏声ベースで生活している方もいらっしゃいます。
そのような場合、逆に地声を使っていくと声量が改善するなど効果が得られます。


いかがでしたでしょうか。
生徒様の声は十人十色、一概に「これをやっておけば大丈夫」というものはないのですが、
今回はトレーニングの中でも自己流に引っ張られにくいものをご紹介しました。

やる気はあるのに何をやっていいかわからない!という方は、ぜひ試してみてくださいね。

Posted on 2022/09/23 Fri. 14:53 [edit]

category: 声を学ぼう

tb: 0   cm: 0

新しい先生が増えました!  


コロナ禍で先生がやめてしまうなど変化が大きく、
しばらく体験レッスンなど予約が取りにくい状況が続いていましたが、
先日土曜日に新しい先生が来てくれました♪


横山みゆき 講師


koushi_Yoko.jpg

とても優しい雰囲気の先生で、今まで大手の音楽教室でも教えていたベテランボイトレ講師です♪
聖徳大学音楽文化学科声楽コース卒業、確かな技術で上達を目指します。
ボイトレは初めてという方はもちろん、しっかり基礎から学びたいプロ志向の生徒様にもおすすめです!

現在土曜日のみですが、今後平日拡大予定です。
詳しくはメアボーカルスクールウェブサイトからご覧いただけます。

無料体験レッスン受付中♪
メアボーカルスクールWEB SITE
自慢の講師陣はこちらこちら

Posted on 2022/07/15 Fri. 17:05 [edit]

category: スクール案内

tb: 0   cm: 0

【ボイトレ】教室/講師選びのコツ  

メアボーカルスクールの代表、真帆です!

教室選びは講師選び。
動画などでもスクール選びのコツがたくさんありますが、初心者の方には見分けが付きづらい難しい項目も多くあるように感じます。
今回は、ボーカルスクール内部の人間として、教室/講師選びでチェックしたい簡単なポイントをご紹介しようと思います。

おすすめできる教室/講師の特徴


22472673_m.jpg

◆顔が見える状態でレッスンができる

ボイトレ教室によっては、防音ブースが狭く、講師と横並びの状態でレッスンになる場合があります。
ボイストレーニングは完全オーダーメイドです。
生徒様の姿勢、体の状態、喉周りの力み、もちろん音質など細かく随時確認しながら行います。
正面から見られる教室であれば、見逃すことなく細かな変化を講師に見てもらうことができますよね。
オンラインや別室中継など画面越しのレッスン同様の理由で効果が薄くなってしまいます。
どうしても対面が難しい場合、最初だけでも自分の声や癖を対面で聞いてもらっておくことをオススメします。
講師が受け取れる情報が増えれば増えるほど、レッスンの効果を高めることができます。

◆今の声を診断してくれる

2614836_m.jpg

今どんな声で歌っているか、どのような癖があるかなど、いい面も悪い面も説明してくれる講師はおすすめできます。
これからどういう方向に努力していけばいいのかは、この診断にかかってきます。
講師によっては黙ってついてこい、というスタイルの人もいますし、それでまったく効果がないというわけではないのですが、
はやり自分が何をやっているのか理解しながら進んだほうが早い上達を期待できます。

◆トレーニングの目的を説明してくれる

前項とつながってきますが、声の診断を経て、これからやるトレーニングがどのような効果を狙っているかを説明してれるかどうかチェックしましょう。
限られた体験の時間で1から10までの説明は難しいかもしれません。
でもまったく説明もなく、何のためかわからないトレーニングを次々行って終了…では、どうしても不安が残りますよね。
しっかりと説明してもらい、納得の上で行ったトレーニングであれば、効果を一段ずつ積み上げることができます。

◆声のイメージを理解できる

22619407_m.jpg

声帯は目に見えない器官です。
なおかつ、自分の意思で動かせない筋肉でできています。
そのため「この筋肉をこう動かして…」のような指導ばかりではなかなか難しいジャンルとなります。
講師が使うのはイメージです。

「もう少し丸い声で」
「頭の真ん中に当てるように」
「前に出すように」
「投げるように」

このような言葉でほしい音質を生徒様から引き出します。
この言葉のチョイスは十人十色なので、生徒様との相性が非常に大きく影響します。
先生の良い悪いではなく、使う言葉の相性があるんですね。
なので、この先生の言うイメージはわかりやすい、実践しやすい、声が出しやすい…と感じられる先生を選ぶといいでしょう。
初心者のうちは感じにくいかもしれないので、しばらく続けてみてからの判断でもいいかもしれません。

◆他のスクールの悪口を言わない

3687065_m.jpg

人は誰かの悪口を言うとき、その人に対して自身のなさや引け目を感じている事が多いです。
印象が大切な体験レッスンにおいて、生徒様が以前通っていたスクールや競合教室の悪口を言う講師は、レッスンに自身がないのかもしれません。
多くの講師と接する機会が多い立場ですが、意外とこのようなネガキャンをする講師が実在します。
レッスンに自身と余裕のある講師は決して他社の悪評は並べません。
単純なようですが大事なチェック項目です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
初心者の方でもわかりやすい項目でご紹介しました。

・顔が見える状態でレッスンができる
・今の声を診断してくれる
・トレーニングの目的を説明してくれる
・声のイメージを理解できる
・他のスクールの悪口を言わない


せっかく無料体験に行くのであれば、ぜひこれらに気を配って体験してみてくださいね。

◆メアボーカルスクールでも無料体験レッスンを実施しています。

E47FD0DB-26AA-4A68-9F23-BE695A7658A4.jpg

対面してレッスンできる広いレッスンブースでお待ちしております。
JR柏駅から徒歩4分
メアボーカルスクール

Posted on 2022/05/13 Fri. 17:09 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

【ボイトレ初心者向け】ボイストレーニングってなにやるの?  


こんにちは!メアボーカルスクールの代表真帆です!

音楽業界はコロナで大打撃ですが、ステイホームが続く中、いつかやってみたかったあれこれを、そろそろ始めようという方も多いのではないでしょうか。

だけど全く知らない世界に飛び込むのは非常に勇気がいるものです。
そこで、ボイトレ体験レッスンではいったい何をやるのか、主なトレーニングをご紹介したいと思います。

体をほぐすストレッチ
3100602_m.jpg

歌は体を使います。
特に首周り、肩周りは呼吸に大きく関わってきますので、レッスン前にストレッチを導入している講師も多いです。
人気アーティストもライブ前は入念に全身ストレッチをしている方が多いですよね。
限られた体験レッスンの中で全身やることは少ないかもしれませんが、上半身は軽くでもほぐすと声が出やすくなります。

まずは声質を聴く
23559248_m.jpg

人の声は十人十色。
どのような癖があるのか、どういう力が入っているのか…など、聴いてみないことにはレッスンはスタートできません。
まずはワンコーラスお好きな曲を歌ったり、鍵盤で音階に合わせて発声することが多いでしょう。
これらを聴いて、講師は生徒さんの声の状態を診断します。

もし歌が苦手で、講師の前で歌うことにも大きな抵抗感があるようなら、事前に伝えておきましょう。

オンライン ボイトレって効果ある?
コロナ禍でオンラインや、有線ケーブルで繋いだ別室からのレッスンなどが多くあって便利ですよね。
表情や滑舌の指導など、オンラインで可能なレッスンもありますが、「声の診断」「変化の判断」だけは対面レッスン以外では難しいのが現状です。
一度対面レッスンをした後でオンラインに切り替える場合など、講師が生徒さんの声や発声の癖を事前に知っている場合は、オンラインでもできるレッスンがぐんと増えます。
オンラインを希望の場合は、体験だけでも、理想を言えば1ヶ月だけ対面に対応してくれるスクールを選ぶといいでしょう。


早速レッスンスタート
声の診断をもとに、早速レッスンスタートです。
地声としてどのような声を使っているのか、裏声としてどのような声を使っているのか、それらを判断して必要なトレーニングを行っていきます。

◆呼吸のトレーニング
腹式呼吸とはよく聞きますが、実際に空気は肺に入っていますよね。
胃に入るわけではありません。23087717_m.jpg

講師によってアプローチは様々ですが、吸うときにリラックスし、吐くときに姿勢を正して支えにします。
肺は肺の周りの筋肉によって膨らませるので、吸おうと思いすぎて力んでしまったり、「複式」を意識しすぎてお腹を出す力がはたらいたりすると思うように吸えません。
最初は、吐ききったら自然と入ってくる…くらいの気持ちで行うのをおすすめします。

◆音階練習
「ドレミレド」「ドレミファソファミレド」などの音階を使って、少しずつ上ったり下がったりして音の変化に慣れます。
この音階練習で講師は、

・ピアノの音と全く同じ高さを判断して声が出せるか
・手本と同じ息継ぎの場所とリズムで継続できるか

など、現状の音感を把握していきます。
23364110_m.jpg

ピアノの音に合わせて声をだすのは、あまり日常生活で行うことではないですよね。
最初はできなくても大丈夫です。
先生も生徒さんに合わせてより簡単な音階に変更するなど対応してくれます。

◆表情筋
歌がうまいアーティストを思い描いてみると、口角がリラックスしてしっかり開かれていることに気づくと思います。
すごく大きく口を開けるわけではない演歌歌手なども、上唇に注目すると並行に開き、微笑んだような表情を維持していることが多いですよね。
表情の作り方一つで、声の響きは驚くほど変わります。
ボイトレの第一歩として、この表情筋をしなやかに動かす練習を体験で行う講師は多くいます。

・口角を上げた表情に固めるのではなく他の形にすぐ移行できるくらいのリラックスが基本
・かくかく動かすのではなくなめらかに言葉をつくる

など、力みによる変化ではなく「必要最低限の動きをしなやかに行う」ことを意識すると効果的です。
現在顔まわりのどこに力がかかりやすいか、どの母音に、どのように癖があるかなど自分で判断が難しい場合は、体験レッスンで講師に聞いてみるのも近道です。

◆舌出し発声
発声時、口の中、舌や首周りに力が入りやすい生徒さんに必要なトレーニングです。
子供のころにあそびで舌を出したように、力まずリラックスして舌を出します。
その状態からじんわり優しく発声をすることによって、癖のかかっていないニュートラルな声を見つけていきます。

197720_m.jpg


「癖」は個性でもあるのですが、ボイトレではこの「ニュートラル」を向上させることによって、「癖」を乗せたときに苦しそうに聞こえたり、頑張っても高音が届かなくなってしまう原因を取り除きます。

◆裏声発声
最近の男性高音曲を歌うことを考えると、ボイトレ全体のメインになってくるトレーニングです。
1回、2回で効果がでるトレーニングではないのですが、ボイトレの今後の流れをイメージしてもらうために体験でも行うことがあります。
まったく裏声が出せない状態だと地声を張り上げるしかないため、頑張っている割には音が目的の高さに届かない「フラット」現象が起きます。
裏声が全く出ない生徒様も少なくないので、講師がいろいろな方向から裏声を見つけるお手伝いをします。

◆地声発声
低音部でどのような声を「地声」として使っているかを聞き、よりよい音を目指してトレーニングします。
地声だと思って出している音が裏声ベースでこもっていたり、余分な力がかかって負担になっている方もいらっしゃいます。
最初の歌唱や音階での発声を聞いて、もし必要に感じた場合は、体験時にこのトレーニングをやる場合があります。
裏声、地声のレッスンは生徒様の声の状態をしっかり聞いていく必要があるため、初対面でのオンラインや別室レッスンでは難しい項目となります。

最後に教室の説明を聞きます

どのような決まりやルールがある教室なのか、しっかり説明をしてくれる教室がほとんどです。
先生がそのまま説明に入る場合もあれば、事務の人に交代の教室もあります。

自分のライフスタイルに合っているかどうか、休会や回数変更はできるか…その期限は早すぎないか…振替はできるのかなど、気になる質問事項はあらかじめ用意していくと安心です。

体験レッスンの内容は一例ですが、

・一度歌唱する
・歌唱は相談すれば回避もできる
・声の診断をする
・必要なトレーニングの第一歩をおこなう
・教室の説明を受ける

この項目はほとんどの教室で共通しています。
ぜひ参考にしていただいて、新しい第一歩を踏み出すきっかけになったら嬉しいです。

当スクールでも無料体験レッスンを受け付けています。
個人スクールなので、代表が厳選した講師のみで運営が実現しています。
ウェブサイトからLINEで気軽にお申込みいただけます。

E47FD0DB-26AA-4A68-9F23-BE695A7658A4.jpg

JR柏駅から徒歩4分
メアボーカルスクール

Posted on 2022/05/01 Sun. 15:25 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

メアボーカルスクールがグレードアップしました!  


コロナ禍で思うようにレッスンができない日々が続いております。
発表会やイベントの開催もできない中、それでも何か前に進みたいと思い…
レッスンが少ないこの機会に、ずっと検討していた防音ブースを導入することにしました!

搬入の様子。YAMAHAさんが作っている一般家庭用の防音パネルを組み立てます。

IMG_5624.jpg

床材をおいてから壁面作業です。工務店の方のなれた様子が頼もしいです。

IMG_5622.jpg

搬入が終わったらピアノや家具の運び込み。
できるだけきれいに収まるよう、快適に過ごしていただけるよう整えました。
パネル組み立て後の207教室です♪

E47FD0DB-26AA-4A68-9F23-BE695A7658A4.jpg
29B8BC16-1A5B-4D05-9164-E8059DE33C1A.jpg

こちらは206教室のカワイさんの防音パネル。
207のものとちがって窓がないのですが、巾木や吸音パネルの材質など、細部が美しいお部屋なりました。

IMG_5648.jpeg
IMG_5649.jpeg


大手スクール勤務時代、1.5畳の防音ブースで非常に狭かったため、もう生徒様に窮屈な思いはさせたくない、ぜったい3畳以上の広いものを!とこだわり、3.5畳、3.2畳のゆとりある空間を確保いたしました。

当面は新型コロナウイルス感染対策のため、講師のマスク着用、ビニールカーテンの設置、換気扇の稼働とこまめなドア開け換気を心がけて運営してまいります。

今までは音楽のジャンルによってはレッスンをお断りしなければならないこともありましたが、今後は大きな音にも対応可能になります。

新型コロナで我慢の日々を生徒様が支えてくださった結果、前向きに教室を守ることができています。
皆様のレッスンを担当してくれている先生方にも本当に沢山支えていただきました。

パワーアップしたメアボーカルスクールを、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

無料体験レッスンのお申込みはメアボーカルスクールHPからお気軽に♪

Posted on 2022/03/17 Thu. 15:32 [edit]

category: スクール案内

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

Facebook

Twitter

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード